平成17年度支部総会

 平成17年4月23日(土)午後3時15分より、JR二条駅前の「京都弥生会館」で、第4支部の「定時総会」が開かれました。全会員数117名のうち、68名(委任状34名含む)が出席し、例年の如く、和やかな雰囲気で始まりました。

 第1部では、記念研修会として、講師に第6支部の下園俊喜会員をお迎えして「行政書士から見た京都市政」を講演して戴く予定でしたが、急病のため欠席。急遽、人長清浩支部長が代わりにお話しされました。下園会員がお作りになった資料「市役所へのアクセスとチェックシステム」を中心に、市政情報総合案内コールセンター事業計画のシステムなどについて、とても参考になるものでした。

 第2部で、本題の「平成17年度第4支部定時総会」が行われました。木村正和会員の司会で幕が開き、まず出席者34名の自己紹介が行われ、藤原恒雄会員を議長に選出。議案審議に入りました。

恒例の全体写真 第1号議案の平成16年度事業報告から、第2号議案の平成16年度会計報告、監査報告、第3号議案の平成17年度の事業計画、第4号議案の17年度予算計画まで、スムーズに全会一致で承認されました。第5号議案の平成17・18年度の支部役員選出では、新支部長に黒澤良一会員を、各地区長には若手会員を抜擢。第6号議案の支部推薦理事も、石垣篤会員山田啓子会員が、満場一致で選出されるなど、第4支部の新たなスタートにふさわしい人選が成されたのではないでしょうか。

 第3部は、午後6時から8階のスカイラウンジに場所を移し、和やかに「懇親会」が開かれました。姫田格副会長の挨拶の後、支部運営の要となる新役員の紹介が行われ、川邊清会員の乾杯の音頭に合わせて、今年もバイキング形式の中で、賑やかに会食がスタートしました。

 和やかに歓談される中程で、アトラクションとして恒例になった中嶋恵子会員の腹話術が演じられました。今年で10周年を迎えるK太郎人形との迷?コンビは、お笑い漫才風に「ハチャメチャ昔話~桃太郎~」を披露。会場の盛り上がりに一役買ってくれたのではないでしょうか?(手前味噌?で恐縮です)

 午後8時、田澤裕会員の一本締めで、無事お開きとなりました。飲食と歓談を満喫した会員たちは、和気あいあいの分陰気の中で、より一層の親睦と団結が深められたことであり、第4支部の今後の大いなる活躍となることでしょう。

(第4支部 中嶋恵子)

あなたのシェアが、身近な誰かを幸せにするかも知れません。